ムチャーチョのブログ

ムチャーチョ

大学生・就活生・第二新卒・既卒に向けたブログ

MENU

天才とは努力は報われなくても、報われてもそれを続けられる人

努力は報われる?報われない?

東大法学部を首席で卒業し、財務省、弁護士という経歴を持つ山田真由さんの『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。』を読みました。

要約すると、山田真由さん自身が実践してきた具体的な努力を37つのメソッド(方法論)に分けて解説しています。これらのメソッドは、努力をするにあたり重要な「正しい努力のための方法論」から始まり、「実際に努力を始めるための方法論」、「始めた努力を続けるための方法論」、そして最後に「努力を最後までやり遂げるための方法論」で終わります。

とても具体的にその方法論が書かれているためこれから試験勉強や資格取得を目指される方にはオススメだと思います。

 

努力する上で一番重要なことは続けるための方法論だと思います。

そのため、努力を続けるために特に大事だと思った方法論を本書の中からピックアップしました。

 

・努力は周りに見せること

・努力をする際は具体的な「量」の数字を目標にすること

 

一つ目の「努力は周りに見せること」では、自身の高校時代の体育の授業を例にし、苦手な倒立を朝練で体育の先生に見てもらうことで特別にテスト本番で高評価を得たとしています。このように努力を見せることで努力する姿勢とセットで、結果が底上げされたと感じたそうです。

その努力の見せ方にも様々な方法論がありますが、SNSや周りの友人を利用し、後に引けない状況を自ら作ることを推奨しています。

 

二つ目の「努力をする際は具体的な「量」の数字を目標にすること」とは、一定時間に一定の課題をどのくらい終了させられるかを勉強を始める前に目標として決めることです。例えば、一時間でテキストを30ページ読むとか一時間で公園を5周ランニングするなどです。

 

 でも、努力を周りに見せることは他人に頑張ってるアピールしていて嫌だとか、自分の中でその量(時間とテキストなどのページ)を決めることが難しい人がいると思います。

そこで紹介するのがMuchachoも*1利用しているアプリ「Studyplus」です。

 これもfacebok, twitterと同様SNSなんですが、匿名で自分の持っている教材を選択し、勉強時間を記入することができ、今までの勉強時間を」として見える化してくれます。また、友達機能を用いることで「いいね」を押し合ったり、自分と他人の勉強時間を比較して、ライバル意識をもつことだってできます。

モチベーション維持にも役立つと思うので使ってみて下さい。

 


Studyplus(スタディプラス) - 勉強が楽しく続くSNS

 

*1:アカウント名:Muchachoで登録しているので気軽に友達申請して下さい