ムチャーチョのブログ

ムチャーチョ

大学生・就活生・第二新卒・既卒に向けたブログ

MENU

浮気?不倫?別れ?遠距離恋愛で疲れた人に読んで欲しい名言

皆さんは遠距離恋愛をしていますか?浮気や不倫を疑っていますか?

私は、現在ニュージーランドと日本で遠距離恋愛をしています。

過去にも何回か遠距離恋愛をしたことありますが、全て振られるという残念な結果に終わっています。笑

 

「遠距離恋愛」とググると「プレゼント、復縁、結婚」などのポジティブなワードが並ぶと同時に「別れ、浮気、寂しい」などのネガティヴなワードも目立ちました。

そんなに悪いことばかり考えてると思考は現実化するぞと思ったので、これまでの経験を生かして、遠距離恋愛をする上での良い心の持ち方(スタンス)について反省の念も込めて綴ります。

 

私が遠距離恋愛に失敗した主な理由は、相手に依存しすぎることが原因でした。

そして、彼女に依存する理由は、相手が見えず今何をしているのかどこにいるのかわからないことで不安に陥る遠距離恋愛特有の距離からくる問題自分の精神的幼稚さからくる精神的問題でした。

 

具体的に言うと、

距離的問題

・自分へのLINEの返信があるかどうかを必要以上に気にしていたこと

 

 精神的問題

・依存しすぎて自分の生活を思いっきり楽しめなかったこと

の二点が別れに繋がったんだと思います。

遠距離恋愛では、日々の連絡が唯一信頼関係を築くものだと勘違いしていました。

そのため、LINEの返信が遅い・来ないと気にする⇨相手に聞かなければ分かりもしないことを自分で想像する⇨自らとても不安になる⇨またLINEの返信を気にする

をずっと繰り返していました。また、その不安から相手のことを1日中気にしている

自分がいることに気づきました。気づいた時には、すでに相手にどっぷりと依存していて、相手が不安になるような友達と夜遅くまで呑みに行くことをしない、相手を不安にさせないように連絡をこまめにする、といったことをしていました。こういったことから、常に余裕がない自分、自分の生活を楽しむことができず相手に依存する自分をパートナーに露呈していたんじゃないかと思います。

 

今となっては、日々の連絡が唯一信頼関係を築くものといった考えはなく、LINEでの連絡は信頼を気づくための一つのツールだと考えています。そう思えるようになったのは、連絡の頻度で相手の愛情を計ることはできないことと別れる要因は自分にあったのだと気づくことができたからでした。

私は、相手が頻繁に連絡をしてくれることで自分への気持ちが保たれているんだと思っていましたが、実際は違いました。それは、パートナーにも生活があり、目に見えるモノだけが愛情ではないからです。

 

相手に依存しているパートナーは魅力的ではありません。そのため、相手に過度に期待や依存することなく、自分を常にコントロールしたり、会えない間に自分を磨きながら、自分自身の生活を楽しむスタンスを持つこと遠距離恋愛を長続きさせるコツなのではないでしょうか。

 

                                          
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

 

自分を落ち着かせるには

遠距離恋愛をしているといろいろな問題が起こり時には、自分自身をコントールできない時もあります。その時、自分の心を落ち着かせるために見ている文章があります。

最後に、それを紹介します。

どうすれば良いか?を貴方が中心になって動かせるもの?
貴方のどうすれば良いか、という部分は。
そのままどうしたら今の自分の不安な気持ちを満たせるかに直結してしまう。
それが気が付いたら温度差のある、重たい連絡やバタついた繋がり方になって。
今の時点で既に貴方の不安定さを彼女は感じ取ってる。
彼女は大人なんだよ。
貴方の不安な気持ちはわからなくはない。
でも遠距離は。
お互い様なんだよね、あらゆる意味でね。
貴方「だけ」が寂しくて、不安な訳じゃない。
見えない部分は。
「お互い」に信じる気持ちで補い合っていく。
そして出来る範囲で丁寧に向き合っていく。
その積み重ねの中で、お互いに関係を紡ぎあっていく。
焦る必要が無い。
貴方の今の不安が強い、辛い辛い辛いという状態。
そういう貴方に「合わせる」ように向き合ったら。

貴方はそれを「当たり前」、それを「ベース」にした付き合い方を求めてくる。
それは少ししんどいんだよ。
「お互いに」というバランスが悪くなる。
だからこそ。
彼女は彼女のペースも大切にして。
無理に貴方に合わせる事はしないんじゃない?
そこを理解して乗り越えられなければ。
遠距離でも「敢えて」付き合っていますという関係を続けている意味が無いじゃない?
お互いの存在感をエネルギーにして。
次に会える事を楽しみにして。
お互いがお互いの場所で心にハリを持って頑張れる関係。
それが一番のベースでしょ?
彼女は彼女なりに何処かでシフトチェンジしようと思っていたんだと思う。
最初の3ヶ月は。
それなりに蜜に連絡を取り合う事が「大切」だと思ってた。
でもそればかりになったら。
束縛しあう関係、連絡の有無や小さなラグに一喜一憂する弱い関係になってしまう。
ある程度お互いに離れて繋がっていく関係に馴染んだこれからは。
もう少しお互いに良い意味で「隙間の」ある関係として。
無理なく楽しく、穏やかに繋がっていきたいと。
彼女は今そういう気持ちなんじゃない?
二人で創る関係なんだよ。

「お互い」に心地良く感じられない関係は続かない。
貴方が求める繋がり方と、彼女が求めたい繋がり方には違いがある。
その違いも理解していく、理解していける関係。
それが大人の付き合い方。
もっと肩の力を抜かないと。
貴方は彼女の心が離れる事が不安であるが故に。
引き寄せるメッセージばかりを連発した。
気持ちは嬉しくても。そればかりだと、貴方が自分たちの関係に一杯一杯で。
むしろ自分自身の目の前の日常に「穏やか」に向かい合えてない姿に映るんだよね。
好きだ好きだ、会いたい会いたい。
逆に言えば。
それが叶わない時にはイライラ、ソワソワしてしまう。
それはパートナーとしてどうなの?
貴方の不安な気持ちのアップダウンのお世話をしなければいけないと思わせたら。
自発的に貴方と会いたい、繋がりたいという彼女「から」の発信は無くなるんじゃない?
二人は焦る、焦らせる関係ではないんだよ。
付き合う前ならまだしも。二人は既に付き合ってる。
もっと落ち着かないと。
辛い辛いと自分だけの世界で閉じないで。
離れていても、心から思える彼女が「存在している」事を喜ばないと。
二人で創る関係なんだから。
お互いに心地良く繋がっていく事☆

 

Muchacho