ムチャーチョのブログ

ムチャーチョ

大学生・就活生・第二新卒・既卒に向けたブログ

MENU

【新卒早期退職】就職活動でミスマッチを防ぐ対策・防止策

f:id:tokai_futbolsala318:20161209181645j:plain

こんにちは、ムチャーチョです。

以前、既卒者向けの研修に参加した際とてもいいお話が聞けたのでシェアしたいと思います。

それは「新卒早期退職をしてしまう理由」です。

皆さんご存知の通り、新卒早期退職とは「入社後、3年以内に退職すること」ですよね。早期離職とも言われています。

今回はその新卒早期退職をしてしまう理由について書き綴っていきたいと思います。

 目次:

早期離職とメリットとデメリット

本題に入る前に、早期離職のメリットとデメリットを述べて追いたいと思います。

メリット

・やりたい仕事に就くチャンス

・自分の仕事に対する価値観が明確になっている

デメリット

・雇用保険がもらえない

・すぐに辞めてしまうレッテルを貼られる

・新卒専用の出世コースからは外れる

・同期がいないため寂しい

 

企業側と応募者側のGAP

ここから本題です。

結論から述べると、「企業側と応募者側にGAPが生じるから」なんです。

じゃあ、どうやってGAPが生じるのかと言うと「企業は応募者の内面を見て、応募者は企業の外面を見ている」からです。

それは、こんな図から紐解くことができます。

f:id:tokai_futbolsala318:20161209181702p:plain

この図は「企業から見た応募者の内面と外面」と「応募者から見た企業の内面と外面」を表にしたのものです。

ここでいう内面とは、応募者や企業の中身です。つまり、実際に会って話したり、訪問して肌で感じないとわからない性格や雰囲気です。

一方、外面とは応募者や企業の外見です。つまり、実際に会わなくても履歴書からわかるその人の見た目や能力、求人票から読み取れる企業での待遇や仕事内容、年間休日などのことです。

ここで「企業から見た応募者の能力や経験って内面に入るんじゃないの?」って思われた方がいると思います。しかし、実務経験がない新卒・既卒のスキルや経験は内面と捉えることができるでしょうか?そう考えるとそうは捉えることができないと思います。

 

以上のことから、企業は応募者の外面よりも内面を重視して採用活動を行っていきます。一方、応募者である新卒や既卒者は内面よりも外面を重視して面接を受けていきます。

「企業は内面を重視」「応募者は外面を重視」することで両者にGAPが生じてしまうんです。事例を用いてこのGAPを見ていきましょう。

英語が大好きで英語を使って仕事がしたいAさんがいたとします。そのAさんは、B社という外資系企業から内定を貰い4月から入社することに決めます。しかし、実際に入社してみると大好きな英語を使う仕事ではあるものの人間関係がとても複雑で会社の先輩や上司は裏で陰口を言う日々。入社1年後、仕事内容にはとても満足しているが、裏では自分も陰口を言われているんじゃないのか?と不安に思いながら出社し、人間関係に嫌気が差してきてしまいました。 

もし、あなたがAさんだったらこんな職場で長く働きたいと思うでしょうか?

 この例は企業側と応募者側のGAPが生んだ新卒早期退職を招く典型的な事例です。

 

これをもう少しわかりやすく恋愛に例えてみましょう。

外見を重視するフツメンのAくんと内面を重視する美人なBちゃんのカップルがいたとします。Aくんはフツメンでカッコよくはないですが、とても性格がよくみんなに愛されている人気者です。Bちゃんは大学ミスコンで一位を飾るくらいの美女ですが、性格が少し悪く相手を尊重しない発言や感謝を述べない時があります。

そんなカップルも付き合い始めて2年の月日が流れようとしています。お互い28歳で少しづつ「結婚」の二文字が見えてきました。そして、彼女はゼクシィを本棚に飾り始め、何か言いたげな雰囲気を醸し出してきます。

もし、あなたがAくんだったら彼女と結婚するでしょうか?

おそらく、性格に難があるのが自分の中で引っかかり、思い切って結婚に踏み出すことができないかもしれないですよね。 

 つまり、外見重視でタイプの子と付き合ったものの実際に付き合ってみると性格が好みではなくGAPを感じている事例です。これと同じことが就職活動でも起こっているということです。

もちろん、就職活動にしても恋愛にしても文句なしの完璧なパートナーが見つかるなんてことは一生ないと思います。しかし、ある程度の許容範囲を設けて妥協できる線を自分の中で決めていた方がGAPに苦しむことは減るんじゃないでしょうか?

 

以上が新卒早期退職を招くカラクリです。

 

新卒早期退職をしないために

じゃあ、その新卒早期退職をしないためにGAPをできるだけなくす行動って具体的に何なのか応募者側の立場に立って考えてみましょう。

以下に思いつく限り挙げてみました。

  • インターンシップを利用する
  • OB・OG訪問をする
  • 面接で社風や社員の人となりについて質問する
  • 面接で直属の上司になる方の性格、人柄について質問する
  • 平日や休日の夜にその会社の前で待ち、社員を観察する

「平日や休日の夜にその会社の前で待ち、社員を観察する」はストーカーチックですが、会社の裏の姿が見れるかもしれませんね。笑 12時回ってるのに明かりが消えないとか。笑

応募者ができることは本当に少ないですが、上記のことをすることで少しでもGAPをなくすことができるんじゃないでしょうか。

参考になったら幸いです。

 

追記:もしも早期退職してしまったら、、、

当記事では、早期退職をテーマに話を進めてきました。

しかし、早期退職というのは、時代の移り変わりが早い現代では食えなくなる職業に対して見切りをつける必要も出てくると思います。実際入社してみないとその会社がこれからも存続し続けられるのか、その業界が安定しているのかってわからないですよね。なので、ある意味早めの判断ならば第二新卒として再就職すればいい話ですよね。

しかし、第二新卒になった場合、初めての転職活動を成功させることができるのか不安だと思います。そんな時に読んでほしいのが下記記事になります。

 

合わせて読みたい

 

この記事では、早期離職をしても再就職できるだけの優秀なエージェントや求人数を持つ転職サイトを一気に比較しました。また、私の体験談や世間の評判を詰め込み大作になっています。

しかも、掲載企業全てが完全無料です。

第二新卒、既卒者にとって、役に立つこと間違いなしの記事になっています。

ぜひ見てみてください!

 

関連記事:

tokai-futbolsala318.hatenablog.com

tokai-futbolsala318.hatenablog.com