ムチャーチョのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムチャーチョ

大学生・就活生・第二新卒・既卒に向けたブログ

MENU

いつもと少し違うことをすると違った視点からモノを見ることができるよねって話

f:id:tokai_futbolsala318:20161209195508j:plain

 約3ヶ月ほど前からゴミ拾いをしているムチャーチョです。

とあることがきっかけでゴミ拾いを始めたんですが、根がきれい好きなので街がほんの少しきれいになることが結構気持ちよく案外続いています。

それで、何回も続けているとものすごく些細なことに気づいたので、今日はそのことについて書き綴っていきたいと思います。

 

吸い殻をポイ捨てする人がかなり多い

f:id:tokai_futbolsala318:20161209195509j:plain

一つ目が「喫煙者のタバコのポイ捨てが多いこと」です。ボランティアや自主的にゴミ拾いをしたことがある人ならば、高確率で同じことを思っているであろうことです。

自分の場合、約1kmの距離を朝か夜ゴミ拾いを行います。その1kmの短い距離でも場所によっては、小さなゴミ袋の3分の1を占める吸い殻を拾うことがあります。この事実を控えめに見ても「禁煙者ポイ捨てしすぎじゃない?」ってよく思うんです。このことから喫煙者は、マナーを守る人が少なく、自制心がない人が多いのかなと感じるようになりました。また、喫煙者のみんながみんなそういう人ばかりではないと思いますが、「喫煙者と親しい仲になる際はそのことを肝に銘じておこう」といったある種の偏見も持つようになりました。

今まで知らなかったお店を見つけることができた

f:id:tokai_futbolsala318:20161209195510j:plain

二つ目は「今まで知らなかったお店を見つけることができる」です。先にも述べたように私は1kmほどの距離をゴミ拾いしています。短い距離なんですが、普段行ったことがない場所を徒歩で周るようになってから今まで通ったことがない道を通ることが多くなり、知らないお店を発見することができました。これが結構面白くて、ひっそりと店を構えてるお蕎麦屋さんとか、定年退職された方が趣味でやってる小物屋さんとかあるんですよね。それらを見つけては後日訪ねて、ちょっとした趣味にしています。

知らないおじさんに褒められ気分良く1日を過ごせる

f:id:tokai_futbolsala318:20161209195511j:plain

三つ目は「お世辞抜きに褒められると素直に嬉しい」です。以前、ゴミ拾いをしているとおじさんが通りがけに「偉いねー、ありがとうね」と言ってくださったことがありました。見知らぬ人に感謝されるとそれだけで1日をいい気持ちで過ごすことができたのでこれもある意味、発見でした。自分のことを良く知らない人にその行いを褒められることは、お世辞抜きに褒められている気がして、日本特有の「本音と建前」を気にせず感謝の言葉を素直に受け止めることができました。知らない人にいきなり話しかけることが不自然な日本において、こういった言葉をもらうことがとても嬉しかったのを覚えています。

まとめ

あるきっかけがなかったら今後やることがなかったゴミ拾いですが、こうした普段と少し違うことをして上記3つのことに気づくことができました。ゴミ拾いをしていなかったら、些細な発見に気づいていなかったことを思うと、普段と少し違うことをするだけで違った視点でモノを見ることができると確信しました。

何かにつまづいていたり、行き詰まっていつときは、気分を変えて普段とは少し違うことをしてみてはいかがでしょうか?

その初手として、「ゴミ拾い」をすることを私はオススメします。

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

Muchacho